固め

 ここは主に相手を捕まえた後、技をガードさせ攻めを継続する固めについて。



◆固め

固めの基礎

 分かりきったことではあるが、こちらが攻撃をガードさせている、つまり攻めているときは
 相手の防御択に対して勝てる選択肢を選ぶことが重要になってくる。
 
相手の防御行動(基本) 勝てる・有利になる選択肢 負ける・不利になる選択肢
ガード・シールド 投げ、(固め直し) 暴れ潰し、グラ潰し
最速暴れ 暴れ潰し 遅らせ投げ、グラ潰し
打撃グラップ グラ潰し 投げ、(アサルト攻撃)
シールドグラップ 遅らせ投げ、アサルト攻撃 グラ潰し、暴れ潰し
 
 試合中はこれらの選択肢がGRD周期も含めてめまぐるしく変わるわけだが、
 固めから継続してダメージを狙うためにもこれらの読み合いを制したいところ。

 なおこのゲームにおいてガードできているという事=GRD確保のチャンスなので
 ガードできている状況というのは基本的に有利であることも押さえておこう。



固めパーツ

近距離

 基本的に2Aをディレイを掛けつつ刻んでいくのが単純だが強い。
 フォノンは密着から2Aを最大4回ガードさせることができるため、近距離で読み合える回数が多い。

 単純に2A>2Aと刻む場合でも、
 2A>2Aと最速で刻んで連ガの下段構成
 2A>ディレイ2Aとして暴れ潰し&最初の2Ahit時には2回目が連続hitして確認できる構成
 2A>ノーキャン2Aとし、チェーンを回復しつつ打撃グラ潰し、またはシールド漏れ確認をする構成

 などなど、刻み具合で様々な展開ができることを覚えておく。


 以下、その他の近距離固めパーツ紹介。

 ●5A>5C~
  5Cのガード硬直が-1であることを利用した連携。投げ間合いで密着する。
  ここからノーキャンで固め直す、投げる、ディレイキャンセルで暴れを潰すなど派生は多い。

  最大の弱点としては5C2段目にシールドを確定で取られることだが、
  ガードシールド漏れも多いので確認しつつしっかりと投げで割りたい。
  シールドを取られた場合5Cからディレイ2Aやディレイ5Bなどで固め継続が無難か。


 ●2A*n>2C~
  しつこく下段を刻んでいく構成。2A>2Cは暴れ潰しになる。
  フォノンは崩しで後述するアサルトJA中段が強力なため、下段もしっかり見せておきたい。
  hit確認としては2C後に5BB、もしくは2B>4Bなどがおすすめ。

 ●画面端密着5A>5C>2A>2B>A滑走>ノーキャン2B~
  A滑走を微妙に相手から離れた位置で振れば五分以上を取れる。
  この固めを最速でやるとだいたい+2Fを稼げるため、8F以上の暴れ技を2Bで狩れる。
  ちなみに2Aを1回増やすと+3F。距離を把握してなるべく近い距離で暴れを釣りたい。
  

 ●密着5B>ノーキャン投げ
  密着5Bから固め始める場合、5B後ノーキャンのスライド投げが届く。
  対択としては5B>ノーキャン2A>5Cなど。素直に暴れ潰しをしても面白い。

 ●DB(2)>空中A滑走~
  DBの判定は想像以上に強いため2Aグラ等を狩れる他、
  相討ちchした場合はDB1段目のダウン判定のお陰で一方的に拾ってコンボに行ける。
  DBからのA滑走でDBhit時はコンボ、ガード時は有利を取りつつ攻め継続できるため
  かなり凶悪な選択肢である。が、DB2段目へのシールドで確反のためやり過ぎには注意。



中距離

 中距離以遠でも固めを継続できるのはフォノンの強み。
 長い固めを嫌がってどうしても動きたくなる相手を咎めたい。
 ただし中距離以遠では崩しが乏しく、逆を言えば相手はガード安定である。
 相手が固まったら近距離へ移行するような緩急もつけることが大切。

 ちなみにフォノンのAスカは不利Fが多めなので、5B止めや5C止めなど工夫が必要。


 以下、中距離の固めパーツ例。

  ●2B>ディレイ2C>ディレイ4B>5BB~
  2Bから延々とディレイを掛けつつ暴れ潰しをしていく構成。
  中距離以遠の固めでは4Bを使うことが多いため、4Bhit時にコンボ継続として
  5BB、5C、2Aor5Aのどれがビートとして残っているかを覚えておきたい。
  
  ●地上A滑走 or 空中滑走>(B誘導)
  中距離から地上A滑走、もしくは空中滑走をガードさせることで大幅な有利Fを取れる。
  開幕距離で滑走をガードさせれば、その後のB誘導が暴れやいれっぱ、バクステを狩る。
  なおこの滑走固めはいれっぱに弱いので注意。

  ●画面端5BB>A抑制>ディレイ空中B滑走~
  フォノンを知らない人にはこれだけでもかなりぼれる連携。
  5BBがhitしても22A以降が繋がるのがポイント。
  

  • 最終更新:2016-10-06 23:41:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード